« 甲山 | トップページ | 宝塚西谷の森公園 »

2020年2月21日 (金)

荒地山

Photo2020022101

久しぶりにロープでクライミング。
岩小屋ボルダーの左スラブとサンデーモーニングの右スラブを登ってきた。

10:00 芦屋川駅
10:25 高座の滝
10:50 キャッスルウォール
11:05 岩梯子
11:10 岩小屋
14:15 (出発)
15:00 鷹尾山(城山)山頂
15:20 (出発)
15:35 登山口
15:50 芦屋川駅

・・・・

高座の谷の右岸を歩いたら、3つ目の堰堤手前で通行止めとなっていた。
気にせず進んだら本当に道がなくて、苦労した。
5つ目の堰堤手前で左岸の道が合流するので、そこからは知っている道。

キャッスルウォールに登ろうかと思ったけれど先客がいたのでやめた。
すぐ横ではなく、ペンキマークに従って尾根道にあがると小さな道標のところに出た。
ほどなく岩梯子。

アップがてら岩小屋ボルダーの左スラブを登ってみたところ、一回で完登。
その後サンデーモーニングスラブのクラック横にロープをセットして右スラブを何度かトライ。
居合わせた人のアドバイスをもあってクラックを使わずボルト穴のすぐ下まで登れたけれど、そこからは持つところがなくて苦労する。
結局最後はロープをもってしまいA0でクリア。
あとで調べてみると右スラブは3級、左カンテが4級とのこと。
次は左カンテを先にトライするか?

(装備)
救急セット
モンベルアルパインダウン:未使用
フーディニ
山専ボトル
トレック900、チタンマグ450、300、P153、ファイヤースターター、レザーマン、カトラリー
OD缶(250)

清潔山荘
地形図

登攀用具
・ヘルメット

・ハーネス
・クライミングシューズ

・チョークセット

・50mロープ

・ギア類

パタゴニアの40Lザックでは少し小さかった。
50mロープを持って行くならノースフェイスの65Lを使おうと思う。

確保にはシャントとシンプルアッセンダーを利用。
(シンプルアッセンダーは胸元の簡易ハーネスにつなげて)

ロープの残りを全て重りにすると重かったのか懸垂下降時にロープが流れなかった。
次回は登山靴をぶら下げてみようと思う。

 

|

« 甲山 | トップページ | 宝塚西谷の森公園 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 甲山 | トップページ | 宝塚西谷の森公園 »