« 初めて投稿 | トップページ | 三木浦の写真 »

2006年11月27日 (月)

三木浦イセエビツアー

11/26 三重県 三木浦
1本目:ナナコのダボ
2本目:オボレ

今日は久しぶりに三重県尾鷲市の三木浦までダイビングに行く。
とにかく遠いので朝5時に出発。外はまだ真っ暗だ。
天気予報によると目的地の降水確率は90%。多分雨は免れない。
伊勢自動車道に入るころには雨が降り出す。

途中何度か休憩をとって、9時10分ごろに三木浦到着。
受付をしてセッティングを始める。
霧雨で助かる。

外海は波が高いらしく本日は内海のみ。1本目は定番ナナコのダボ。
今日はいつもより北側にコースを取る予定で潜る。
エントリー後、常設ブイの下でクロホシイシモチの幼魚の群れを観察。さらにトゲトサカにつくスケロクウミタケハゼを観察しながら集合を待つ。

皆がそろった後、西に向かい少しずつ深度を下げる。18度はやはり寒い。
−20mくらいから進路を北よりに。
あいかわらずソフトコーラルが綺麗。透明度も15m近くあり生物も観察しやすい。
エビやカニなどマクロ系がたくさん。
初めてヤマドリを見たりもした。
潜水時間50分くらいで水面に浮上。

1時間ほど休憩したあとは、2本目のオボレ。
1本目よりさらに内側のポイント。名前の由来となった岩の上には釣り人の姿がある。
ここでは南にある−20m付近のオーバハングまで行って帰ってくるコース。
そして、ちょっとした珍事が。

オーバハングのところでマツカサウオを観察後、その場を離れようとしたらガイドが突進してきた!
何かと思いきや、なんとイイジマフクロウニが上から降ってきて間一髪頭に乗るところだったらしい。
周りの人たちに聞くと、あと10cmでぶつかっていたとか。
その隙間にスレートを入れることができたからぶつからずに済んだとか。
いやいや助かった。
こんなことってあるのか?
誰かが上で蹴ってしまったのか?
でもダイバーはいなかったような。

さてさて、そんなハプニングもありながら今回のダイビングは終了。
そしてお目当てのイセエビ汁。
今年で5回目くらいだが、ほんとうにおいしい。
朝のうちに買っておいたおにぎりやら何やらで、おなかいっぱい。
おまけに余ったとかでイセエビをもう1匹もらった。
もう食べれん。

その後、ログ付けして16時に出発。
途中お風呂によって帰ってきたのは21時過ぎ。
久々の三木浦は充実したツアーだった。

(あとで写真を入れてみるつもり)

|

« 初めて投稿 | トップページ | 三木浦の写真 »

ダイビング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三木浦イセエビツアー:

« 初めて投稿 | トップページ | 三木浦の写真 »