« 1月6日串本3本目 | トップページ | 1月7日串本 2本目 »

2007年1月24日 (水)

1月7日串本 1本目

串本2日目だ。
宿はサービスの裏にある民宿。
高台にあるので部屋から海がよく見える。

起きて外を見ると・・・
海は真っ白。
白波がいっぱい。
おまけに雪まで降っている。

案の定、低気圧に吹き込む西風が強く、串本は大荒れとなった。
サーファーたちが続々と集まってくる。

朝早くからサービスの方々が走り回って潜れる場所を探しているらしい。
結局、潜れそうなのは潮岬東側と須江とのこと。

田辺に電話してみたが、あかんわ、との返事。

仕方ないので潮岬の東側、出雲ビーチへ向かう。

ここも多少うねりが入っているが、問題なく潜れる。
ただエキジットは少ししんどいかもしれない。
水際まで波が来ているのと、歩くと足をとられるほど細かい砂利のためだ。

エキジットのときに立ち上がろうとして波にもまれ、踏ん張ったら砂利に足をとられてこける。
そんなことになりそうな予感。

それはさておき、エントリー。

水温は西側に比べ2度ぐらい低い18度。
透明度は15mぐらいか?

ゆっくりと浅瀬を沖へ向かって進む。
ベラやクマノミ、ミツボシクロスズメダイの幼魚が目に付く。

そしてミナミゴンベ


皆が何かに夢中になっているときに一人で沖に離れてみた。

そこで!

なんとカメ発見!!

(かなり薄っすら・・・)

まだ甲長50cmぐらいの若いカメだ。
アオウミガメかな?

とにかく皆を呼ばなければ、とタンクをガンガン鳴らすが気づいてもらえない。
とりあえず証拠ビデオを撮りながら、タンクをたたく!

しばらくしてガイドさんが気づいてくれた。

こちらに向かってくるが、カメには気づかない。
じっとこっちを見てる。
助けを求めてるわけじゃないんだけど・・・

指を差し続けてやっと気づいてもらえた。
ガイドさんがベルを鳴らして、ようやく他の人も気づく。

カメは少し遠い。

そのころにはカメラでは撮れない距離。
それでも何とか見ることができたようで、よかったよかった。

その後、カメは浜に向かって泳いでいく。
もしかしたら他のグループも見れるかも。

後で聞くと、潮岬と紀伊大島の間に位置するこのポイントは色んなものがでるらしい。
カメに限らずマダラトビエイの目撃例もあるとか。
ビーチでマダラトビエイって。
凄い・・・。

|

« 1月6日串本3本目 | トップページ | 1月7日串本 2本目 »

ダイビング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月7日串本 1本目:

« 1月6日串本3本目 | トップページ | 1月7日串本 2本目 »