« 座間味最終日 | トップページ | 1月6日串本2本目 »

2007年1月21日 (日)

1月6日串本

今日からは1年半ぶりに行った串本について。

今回は贅沢にも2泊3日6ダイブ+αの予定。
出発は5時。
途中で友人を拾って串本には9時半ごろの到着を目指す。

7日は台風並みの低気圧が太平洋上を通過する予報で、海上は大時化のはず。
潜れるかどうかわからない。
それでも東海岸にも西海岸にもポイントがある本州最南端、どうにかなるさ、ということで出発。

7時ごろ、ようやく明るくなってきたころに湯浅PAに到着。朝ごはんにおにぎりを買う。

8時ごろ、白浜を通過。

8時40分ごろ、すさみの道の駅イノブータンランドにて休憩。

9時15分ごろ、サービスに到着。

1本目は11時でお願いしているので時間は十分。
初めて使うサービスなので施設の説明を受ける。
タオル、ボートコート、サンダル、サングラスの無料レンタルには恐れ入った。

施設の使い勝手はというと・・・。

トイレが一つだけというのはイマイチ。
建物が小さいので寒いときは屋内が混むのもイマイチ。

洗い場の広さは桶が2つとカメラ用桶が1つでマズマズ。

機材干し場にはBC用のハンガーがあったりして親切。
外に温水シャワーが4つあるのもいい。


港はサービスから車で少し走ったところ。
船は乗り合いの漁船だ。

1日目の海況は少し波があるがエキジットに影響のない範囲。
天候は雨。
少し寒い。

水温は20度。
透視度は20mぐらい。
この時期ならではのコンディションだ。

1本目は備前に潜る。
狙いはハゼだ。

ホタテツノハゼ
ヒレナガネジリンボウ
ヤシャハゼ
ヤノダテハゼ
これらが狭い範囲に集結しているとのこと。

実際、ホタテの隣にヒレナガ、その隣にヤシャがいた。

(今回の写真はビデオのキャプチャから)

そして振り返ればヤノダテハゼ。


本当に動かなくても全てが見れた。


ハゼポイントに向かう途中では
タキゲンロクダイ


ブイに戻る途中では

ガラスハゼ


セナキルリスズメ


タテキン幼魚

なんかを見ながら泳ぐ。

ブイに戻るとムレハタタテダイ。


なんと座間味に続いてまたもヤシャハゼに会ってしまった1ダイブ目であった。
2本目からも大いに期待できそう・・・

|

« 座間味最終日 | トップページ | 1月6日串本2本目 »

ダイビング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1月6日串本:

« 座間味最終日 | トップページ | 1月6日串本2本目 »