« 3/24田辺その3 | トップページ | 4/15田辺その2 »

2007年4月23日 (月)

4/15田辺その1

ここ最近仕事がとても忙しい。
おかげでブログの更新が滞っている。
しばらく書いていない間に二度田辺に行った。
まずは一回目の記録から。


3/24以来、三週間ぶりの田辺だ。

天候晴れ、最高気温は20度ほど、海はベタ凪、透明度は10m以上。

いいコンディションだ。

こんなときは外洋ポイントを目指す。

まずはショウガセ。

ポイントについても船が揺れないからのんびり準備ができる。
暖かくなってきたのもあってゲストの数も増えてきたが、これだけ海況がいいと余裕をもって行動できる。

それでも一番にエントリーしてアンカーへ。
根のトップにハダカハオコゼが出ているらしいのでそれを最後のお楽しみにして、まずは深場へ。
−30mあたりのサクラダイ、スジハナダイを目指す。

−20mを超えてくると吐く息の音が少し高くなる気がする。
ボコッと出る泡が、ポコポコって感じになるのだ。(気のせい?)

やや暗い中を潜行していくとサクラダイの姿が見えた。
残念ながら群れていないが、単体でいても目を引く。

さらに壁を右手に見ながら進むと、今度はスジハナダイ。
婚姻色なのか、派手に色が出ていて綺麗だ。
頭のあたりに模様が浮き出るときがある。



しばらく観察した後は壁面の小さな生物を探しながら浮上する。
春先の目的はウミウシに限る。

まずは定番アオウミウシ



大きなハナオトメウミウシ



そしてニシキウミウシ



ウデフリツノザヤウミウシ



ようやくウミウシが見つけられるようになって、自分の中では満足。

そして根の上ではハナイカがお出迎え。

たくさんのダイバーがそっちにいるので、軽く見ておいてハダカハオコゼ探しをする。

聞いていた岩を探すと・・・

先に現地ガイドさんが見つけてくれた。

この前の座間味では沢山見たが、田辺では1年に1〜2回しか見ない。

しばらく観察したあと、先ほどのハナイカを探しに行くが見つけられない。
さっきもうちょっとよく見ておけばよかった。

その後、もう一度ハダカハオコゼを観察して浮上。



ハナイカはゆっくり見られなかったが、色々見つけられて充実したダイビングであった。

|

« 3/24田辺その3 | トップページ | 4/15田辺その2 »

ダイビング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4/15田辺その1:

« 3/24田辺その3 | トップページ | 4/15田辺その2 »