« 4/15田辺その2 | トップページ | 4/21田辺その1 »

2007年4月25日 (水)

4/15田辺その3

午前中に2本潜ったので、お昼を食べた後はのんびりだ。

高速道路の通勤割引を使って帰りたいから、あまり早くは出られない。

そこで、天気もよくなってきたしもう一本、ということで天神崎ビーチへ。

一年ぶりだ。

車が一台しかないので、ショップツアーと一緒にビーチまで移動。
長くて一時間後と約束してエントリーする。

のんびりウロウロすることにしよう。

まずは入り江の外にでる手前の壁を目指す。

見つけた物は・・・

コノハミドリガイ

シロハナガサウミウシ

さらに適当に泳いで−13mへ。
あまりにフラフラしすぎて、自分のいる場所がよくわからなくなった。
頭の中にある簡単な地図と照らし合わせて入り江の外と思しき方向へ。

岩の壁にスズメダイやソラスズメダイなどが、ちらほらと目に付く。
ところどころにホンダワラが茂る。
一番多いのはフクロノリ?

あまり代わり映えしない景色だ。


やがて30分が経過。
残圧もたっぷり。
でも遠くまで来ているはずなので引き返す。

今度は壁を右手に見ながら北へ。
やっぱり自分のいる位置がよくわからない。
まぁ、焦ってもしょうがないし、だいたいの場所はわかってるし、いざとなったら水面移動ってことで。
せっかくだから回りをよく見て景色を覚えておく。

すると、サンゴの影にスミツキトノサマダイらしき影。
(実は写真中央に尻尾が写っている・・・)

あまり見かけないので嬉しくなって接近。

ところが、隠れてしまった。
出てこない・・・

しばらく待てども出てこない・・・

残念だが、諦めて移動。
なにか面白いものはいないかと探す。

とりあえず定番アオウミウシ。
交接中。

イバラカンザシも撮ってみた。

この際だからやたらと目に付くハゼを撮ってみることに。
実は名前も知らないことだし、後で調べてみよう。


→調べた結果、クツワハゼと判明。

そんな感じでゆっくりエキジット場所を目指す。(目指しているはず)

途中、とても浅くなったので水面に顔を出して場所を確認。
予想通りかなり東の方にいた。
もう一度水中に入って移動。
しばらくすると見慣れた場所に出た。

そこからは自信を持って帰る。

これは何だろ?
フサカサゴの子供か?(後日調べてハオコゼと判明)

この辺りは講習で使う場所だけど、こんなのもいるんだね〜。
踏み潰されないように・・・

最後に水深−1mでウミテング?らしきものを発見。
(これも後日ヨメゴチと判明。いくらなんでもウミテングなわけはない)

とても浅いこの場所で、粘る。
ウェイトを1kg多くしてよかった。

じりじりと近づくと、何かの拍子に逃げられた。
このときで潜水時間は58分。
ほぼ予定通りだ。
立ち上がってダイビング終了。

ビーチは時間を気にする必要がないのがいい。

|

« 4/15田辺その2 | トップページ | 4/21田辺その1 »

ダイビング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4/15田辺その3:

« 4/15田辺その2 | トップページ | 4/21田辺その1 »