« ラヤンラヤン2日目(リゾートへ) | トップページ | 【Gorgonian Forest】ラヤンラヤン »

2007年5月19日 (土)

【Wrasse Strip】ラヤンラヤン

チェックダイブとなる1本目はリーフの南西端からやや北側にあるポイントだ。



港から10分から20分ぐらい。
ボートはモルディブで乗ったドーニを小さくした感じ。
1グループ11人+ガイド1人+船長1人でいっぱいだ。

エントリー後の集合は−8m付近とのこと。
おそらく耳が抜けないから、誰よりも早くエントリーして潜行することに。

そして。

予想通り抜けない。
−4mぐらいで痛みが・・・

そこで1分くらい止まって、痛みが和らいだら1m沈む。
また痛いから1分くらい止まる。
痛みが和らいだら1mほど沈む。

−10mに行くまで何分かかったやろ?
どんどん抜かれて皆は−20m付近。
泡を追いかけながら少しずつ深度を下げる。

まずは大きなマダラエイが2枚ドロップオフに現れた。
1mぐらいか?

しばらく上から観察した後、せっかく上にいるので水面付近を中心にまわりをキョロキョロ。

すると見つかったのは、水面付近のマンタ1枚!



タンクを鳴らして皆にお知らせ!

すかさずビデオ!と思ったら電源が入らない。
ひさしぶりに使ったので、ハウジングにいれるときにスイッチの位置あわせを忘れたのだ。
しかたないからゆっくり肉眼で観察。

他の人たちがマンタに突進し少し遠くなったので、他を探す。

するとイソマグロが数匹いったりきたり。
やや小振りかな〜。



さらに目を凝らすとマンタの群れが下のほうに!
(でもあれは多分ヒメイトマキエイ)

−40m付近だったので背中だけ。
耳が痛いので深く行けない・・・

とりあえずタンクを鳴らしてみるが、みんな水面付近のマンタに夢中。
こっちは数十枚なのに・・・

そんな感じでドロップオフ沿いを流していく。

大物が続いたが、ダイビング後半は棚の上。
サンゴがなかなか綺麗。

しばらく減圧して浮上。

1本目で運を使い果たしたか?と思うぐらいに印象的なダイビングだった。
素晴らしい。

でもどれもこれも写真がない・・・
(今回の写真は別ポイントで撮った写真)

|

« ラヤンラヤン2日目(リゾートへ) | トップページ | 【Gorgonian Forest】ラヤンラヤン »

ダイビング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【Wrasse Strip】ラヤンラヤン:

« ラヤンラヤン2日目(リゾートへ) | トップページ | 【Gorgonian Forest】ラヤンラヤン »