« 土曜のランチ | トップページ | 6/17 田辺その2 »

2007年7月 9日 (月)

6/17 田辺

水温がコンスタントに20度を超えてきた田辺。
透明度も復活傾向にあり、いよいよ夏が近づいてきた。

ということで2週間ぶりのダイビングだ。

まずは1本目。
なんと昨年11月ぶりの南部出し。
田辺では定番中の定番なのだが、半年以上潜っていない。

砂地のネジリンボウなんかも出始めているらしいので、前半は砂地を、後半は根の周りを潜る計画をたてて出港。

根の上にアンカーを打ちたいとのことで、根が見えたら合図をしてくれと言われる。


ポイント到着。
なんとなく浅いところがあったのでアンカーを投げて潜行。

????

水底に着いたはいいが、見慣れない景色。

とりあえずアンカーを固定すべく引っ張っている現地ガイドさんに
「ここ、どこ?」
「ちょっと見てくるわ」
しばし待つ。
「違う場所みたい。打ち直すから浮上して」

ということで全員が潜行していたが船に戻る。

そしてやりなおし。

もう少し南へ移動してアンカーを投げる。

今度は・・・

ぴったり。

なんとなく浅い場所、と思ったのが間違ってたのね・・・
すいません。

気をとりなおして。

アンカーに到着するといきなりエイのお出迎え。

多分ヒラタエイ
12510024804a90c87034a09

その後は擬態してわかりにくい??
12510024824a90c8722378b

そこから南へ移動してネジリンボウ探し。

まずはアナゴ。
12510024844a90c8740323c

そしてオニハゼ
12510024864a90c8761422d

テンスの子供
12510024884a90c878119bd

ネジリンボウは・・・
見つけられない。
いっぱいいるはずなのに。
(後で聞いたら、やはりいっぱいいたらしい)

-18mで長居したので無減圧ギリギリで根に戻る。

イセエビ(卵付き)
12510024894a90c879f1a3c

根の隙間にはキンメモドキの群れが。
去年は全然いなかったが、しばらく潜らないうちに復活したみたい。
良かった良かった。
12510024914a90c87be26a6

根のトップではキンギョハナダイとソラスズメダイ。
12510024934a90c87db5e65

12510024954a90c87f978ac

最後に田辺では久々のオニヒトデ。
12510024974a90c8818275a


そんでもってそろそろ浮上。

|

« 土曜のランチ | トップページ | 6/17 田辺その2 »

ダイビング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6/17 田辺:

« 土曜のランチ | トップページ | 6/17 田辺その2 »