« 6/30 南部出し(田辺) | トップページ | ・・・初バトンです »

2007年7月21日 (土)

6/30 ビーロック(田辺)

天気もよく土曜なのもあってもう1本。

もう一度ビーロックだ。

今度はブイを取らず、アーチのそばにアンカーを落とす。

ここが始めてのグループがいて、アーチのキンメモドキを見てもらうためだ。

潜行すると、またもバッチリ。
ま、ここは船長の指示のおかげ。

アーチの底までいってしばらくキンメモドキ大群を見る。
12510023724a90c80477f52

そこから東へ根を2つ超えてハナタツのいる場所へ。

実は田辺の定番なんじゃ?
オルトマンワラエビ。
12510023744a90c8066ce22

朝一で見つけたと聞いていたイガグリウミウシが3個体。
12510023764a90c80842521

12510023784a90c80a377d8

間違いなくここがハナタツの場所だ。

しかし・・・

見つけられない。

やっぱり現地ガイドには敵わん。

ニシキウミウシや、
12510023804a90c80c120db

ムラサキウミコチョウをとりあえず見ておく
12510023824a90c80e0eca4


ここまできたらフルコースってわけで、次はアオリイカ産卵床へ。

ここから西へ根を超えて、少し南へ行けばいいはず・・・

そして、今度は迷わず到着。

相変わらずアオリイカがいっぱい。
12510023844a90c81001471

産卵しているようなしていないような・・・
12510023854a90c811cc12b

朝は産卵床がある斜面側から見ていたのだが、今回はその斜面の裏側から見ているので、肝心のところが見えにくい。

吐く息に気を使いながら、顔を出してみる。

マンタが頭上に来たときより息を吐くことに慎重になる。

なにげにコンピュータを見てみると・・・

粘りに粘ったせいもあって、減圧指示をくらった。

シーリング-3mで7分。

この時点で潜水時間35分。
残圧80ぐらいだったか?

速やかにアンカーに戻って-5mへ。

7~8分くらい流れに身を任せてエキジット。

ようやくビーロックの地形が頭に入った気がする。

|

« 6/30 南部出し(田辺) | トップページ | ・・・初バトンです »

ダイビング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 6/30 ビーロック(田辺):

« 6/30 南部出し(田辺) | トップページ | ・・・初バトンです »