« 8/5 南部出し 根のまわり(田辺) | トップページ | 8/5 かえり道(田辺) »

2007年8月12日 (日)

8/5 高島(田辺)

12510022354a90c77bb6861

少し日があいてしまったが、5日のダイビングの記録を。


お昼を食べて2本目は高島だ。

2週間前にも潜ったところ。

チラホラと幼魚が流れてきているようなので、探してみるつもりで潜る。

アンカーは、このポイントの最も浅いところのすぐ南にある水路に落ちた。

その斜面にある小さな裂け目にサザナミヤッコの子供がいるということで、まずはそれを探す。

けっこう沢山の裂け目を覗き込むが見つからず。

残念・・・


またあとで探すということで、まずはこの大きな根を東側から北へ向かう。
先々週は北側にアンカーが落ちたから、そこへいってみようと思うのだ。

セオリーどおりダイビング前半は深め。
-20mぐらいを北上する。
この前にオルトマンワラエビが2匹ついていたはずのところにはアオサハギがいた。

けっこう綺麗なので写真を撮ろうと思ったら・・・

ハウジングの中が曇っている。
乾燥剤が効いてない?

ま、しかたない。

やがて狭い水路に。
アーチといってもいいかも。

根の東側にこんなとこあったっけ?

コンパスを確認すると、どうやら根の北端を過ぎて、この前通った水路まで来ていた模様。

この時点で15分。

少し水深を浅くしてアンカー付近へ戻る。

もう一度、サザナミヤッコの子供を探す。

しかし・・・

やっぱり見つからない。

諦めて、まわりを探検する。

アンカーの落ちた水路を渡って南にある根に移動。

再び水深を下げてしまったが、そこでオキナワベニハゼに出会った。
12510022374a90c77d8696d

ハウジング内の曇もとれたよう。

オニカサゴなんかも撮ってみる。
12510022394a90c77f6ba5f

そしてキリンミノカサゴの子供。
12510022414a90c78160d16

そこから根の上を少し泳いでいるうちに30分が過ぎた。

そろそろ最も浅いところ、アンカーの北側へ移動する。

キンギョハナダイ、ソラスズメダイ、ニザダイ、ベラなんかがたくさん泳いでいる。

でも浮遊物が多いので、写真は撮らない。

そうこうしていると、タテジマキンチャクダイの子供を発見。
12510022434a90c78356b86

意外に大きく、手のひらサイズぐらいか?

こいつ、あっちへこっちへ泳ぐし、すぐ隠れるし、なかなか撮れない。

ここにきたら撮るぞってカメラを構えると、違うところからこっちを見てたりするし・・・

一度他のグループに場所を譲ってその後もう一度チャレンジするも、なかなか・・・

やがて潜水時間も50分を越えたので、浮上する。

|

« 8/5 南部出し 根のまわり(田辺) | トップページ | 8/5 かえり道(田辺) »

ダイビング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 8/5 高島(田辺):

« 8/5 南部出し 根のまわり(田辺) | トップページ | 8/5 かえり道(田辺) »