« 9/24 南部出し(田辺) | トップページ | 9/29 南部出し(田辺) »

2007年10月18日 (木)

9/29 ロングアーチ(田辺)

12510019854a90c681db19f

先週にひきつづき田辺で潜った。
9月だけで20本にもなる。
もしこのペースを維持したら年間240本!?

さて今回一緒に潜るのは4人。
100本越えダイバーと初心者ダイバーの2人、そして2年ぶりぐらいの30本ダイバー2人。
いろいろ思い出してもらいながらセッティングをする。

行き先は最近の流行ポイント「ロングアーチ」
目玉はニシキフウライウオだろうか。


今回初めてタカラの「おえかきせんせい」を使ってみる。
(前回も持って入ったのだが、付属のペンが割れてて書けず)

ブリーフィングでもニシキフウライウオの絵を描いて説明。
「ほんまにそれ魚か!」
と突っ込まれながら出港。


さてポイントに到着してエントリー。
そして水中で集合。

透明度が若干落ちてきている。

せっかくのロングアーチなので、名物のアーチへ。
アンカーがかなり北西に落ちたので移動に時間がかかった。

イサキ、コイボウミウシなんかを紹介しながらアーチへ入る。

途中浮きかけた人をアシストしながらゆっくりゆっくり。


アーチを抜けたところでハタンポやイサキ、タカベ、アジの群れと遭遇。
あいかわらずの迫力だ。


ここから西へ行くのだが、ドロップオフを降りてハナタツを見ていくかどうか悩む。
ここまで時間がかかりすぎたのもあって、エアの消費が心配。
ということでハナタツを諦めて根の上を移動。

やがてオオモンカエルアンコウを発見。
ここでも絵を描いて解説。
こんな魚、知らない人には何かわからんからね・・・

そしてニシキフウライウオを探そうかと思ったところで、一人が残圧80に。
少しアンカーまでの距離があるはずなので退散する。

意外にアンカーが近かったが、もう動き回らずにのんびりしてから浮上。


さてさて、今回から一言反省文を。
ちゃんと記録しておいて次回にいかそう。

○反省
アーチやレア物、何かとよくばりすぎたかも。移動範囲が広すぎた。

|

« 9/24 南部出し(田辺) | トップページ | 9/29 南部出し(田辺) »

ダイビング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 9/29 ロングアーチ(田辺):

« 9/24 南部出し(田辺) | トップページ | 9/29 南部出し(田辺) »