« 10/21(2) ショウガセ(田辺) | トップページ | 11/3 南部出しのネジリンボウ »

2007年11月17日 (土)

10/28 田辺

12510018164a90c5d85e6c5

10月最後の週は潜らないつもりをしていたのだが、予定が変わってダイビング。
朝起きるのが辛かったよ…

あまり写真もないし、いっきに一日分を。


(1) ロングアーチ(田辺)

まずは2人連れx2組の4人と潜る。
皆さんの経験は50本目前というところ。

せっかくのロングアーチだから、やっぱりメインはアーチ。

その後は余裕があればレア物を探しに行く予定で。

とりあえず覚えているはこんなもん。
 タコ
 コイボウミウシ
 フタスジタマガシラ
 ネンブツダイ
 ニシキフウライウオ
 ボウズコウイカ

ハナタツを見つけられなかったのが残念。
オオモンカエルアンコウを見つけられなかったが残念。
うねりがそこそこあったので、いつもはヤギにしがみついているオオモンもオーバーハングの下に避難していたらしい。
それを見つけられないのが、また悔しい。


○反省
前回は色々見ることができたのに、今回はぜんぜん。
泳ぐのも早かった気がする。
なんだか楽しくないダイビングになったかも。

(2) 中島(田辺)

数年前までインストラクターをやっていた人とビギナー3人と潜る。
ひとりは初ボートダイビング。

ということで出港前に港でバックロールを練習。
マスクだけをつけてやってみた。


とりあえず初めてだから初級向けポイントということで中島へ。

目当てはカエルアンコウとアジの群れとカンパチ。

いまここに潜ればこんなもん。
 クマドリカエルアンコウ
 アジ
 カンパチ
 ウツボ
 タコ
 モンガラカワハギ

黄色のカエルアンコウがいなかった…
ソフトコーラルたちもぜんぜん咲いていなくて、小さくしぼんでたし。

そしてニシキフウライウオもいない。
どうも見つけられん…


○反省
やはり色々探せないし、見れてない。
カエルアンコウとカンパチで力尽きた感じ。
途中、水深管理も甘かったし…


(3) ショウガセ(田辺)

さて1本目の人たちとショウガセへ。
なかなかの透明度。
先ほどと違って20m近く見えているかも。

目当てはクマドリカエルアンコウ。
でも見つけられず。
 ハダカハオコゼ
 タテジマキンチャクダイ幼魚
 ケサカケベラ幼魚
 オトヒメエビ
 クマノミ
 ミツボシクロスズメダイ

今週はミナミハコフグ幼魚も見当たらない。
なかなか難しい。


○反省
目当てのものをはずすとリカバリできない。
なんだか退屈なダイビングになったような。
3本目をキャンセルさせてしまったし…


(4) ショウガセ(田辺)

3本目に潜った二人は3本の予約だったが2本で終わることに。
寒かったからね。

なので2本目の4人グループだけと一緒に潜る。
船の上は広々。
行き先はもう一度ショウガセ。

さっき減圧が15分ぐらい出たけど、開き直ってもう一度ショウガセ。

ということでクマドリリベンジ。
今度は無事に観察。
しかも記念撮影用にカメラを持って入ったから、ちゃっかり撮影。
(上の写真。ざんねんながら白とび…)
 ハダカハオコゼ
 ケサカケベラ幼魚
 クマドリカエルアンコウ
 オトヒメエビ
 クマノミ
 ミツボシクロスズメダイ
 カザリイソギンチャクエビ
 イソギンチャクモエビ

最後は減圧停止が数十分。
途中、浮上速度が速いタイミングがあったので、多分それが原因。

そんなに待たせるわけにも行かず、翌日は潜らないしってことで無視。

次からは気をつけよう…


○反省
4本通じて集中力がなかった気がする。
生物を見つけることができなかった。
水深を管理することができなかった。
自身の減圧管理もできていない…

|

« 10/21(2) ショウガセ(田辺) | トップページ | 11/3 南部出しのネジリンボウ »

ダイビング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10/28 田辺:

« 10/21(2) ショウガセ(田辺) | トップページ | 11/3 南部出しのネジリンボウ »