« お花見 | トップページ | フルーツポンチウミウシ »

2008年4月22日 (火)

アカクラゲ

閑話休題。
そう、このブログの本題はダイビングなのだ。

3月から4月が一年の中でもっとも水温が下がる時期。
そして透明度もかなり悪くなる(これを俗に春濁りともいう)
さらに、水面付近にアカクラゲが増える時期でもある。

P3230019
クラゲの周りには小魚もいて、面白いことは面白い。

でも実はこのアカクラゲ、ダイバーにとってはかなり厄介者。

そう、毒クラゲなのだ。

触手が肌に触れると痛い。
そして翌日には、とっても痒くなる。

さらにその触手がとっても長い。
2,3mぐらいの長さになり、おまけに切れて漂ってることもしばしば。
だから潜行時と浮上時は要注意。

顔に触れたときは、翌日の仕事に響く。
まるでフランケンシュタインのような顔になるからだ。

グローブをしてるからって安心してはいけない。
触手の切れ端がついたグローブで顔をこすると…
それだけで顔が痒くなる羽目に。

ダイバーの皆さん、この模様には要注意。
P3230020

|

« お花見 | トップページ | フルーツポンチウミウシ »

ダイビング」カテゴリの記事

コメント

えーーー!切れた触手でも毒があるんですか!スゴイですね。。

投稿: 練りチョコ | 2008年4月22日 (火) 13時22分

切れてても毒ありなんですよー
ほんま困ったもんです…

投稿: 海ぼうず | 2008年4月24日 (木) 01時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アカクラゲ:

« お花見 | トップページ | フルーツポンチウミウシ »