« ミノウミウシの仲間 | トップページ | トウモンウミコチョウ »

2008年4月15日 (火)

ひらめ

P3160046
冬から春にかけて遭遇率がグンとあがるヒラメ。
水温が低いのを好むのだろうか。
大きさは1m弱のものが多い。
水深-10mから-20mのあいだの岩場でよく見かける。

写真は3/16にロングアーチで出会ったヒラメ。
根の北西にある岩棚にいた。
水深-15mぐらいで水温は16度。

左ヒラメに右カレイ。
身体のどちら側に目があるかで見分けるための言葉。

実はカレイでも左側に眼がある種もいるらしい。

って深く考えんとこー

|

« ミノウミウシの仲間 | トップページ | トウモンウミコチョウ »

ダイビング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ひらめ:

« ミノウミウシの仲間 | トップページ | トウモンウミコチョウ »