« 岩陰のキンギョハナダイたち | トップページ | お腹の大きな?ネジリンボウ »

2008年11月 3日 (月)

岩の隙間のタテジマキンチャクダイ

_dsc0056
下のキンギョハナダイと同じ岩陰にて。

初めて一眼レフをもって潜ったときの写真。
せっかくなので写真写りのいい被写体をと思い、タテジマキンチャクダイの幼魚をショウガセの東側の壁、水深18mぐらいのところでひたすら撮っていた。
潜行して見つけるまで約10分、その後30分ぐらいは粘っていたはず…

まだストロボをつけていなかったのでライトで撮影。

ちょこまかと動き回るのでなかなかきれいに撮れない。
ピントがあわなかったり、あっても撮りたいアングルじゃなかったり。

この写真は彼が生きている環境がよくわかるかなーと思う。
岩の隙間で身を隠しながら、奥には同居しているベンケイハゼも一緒に写って。
比較するものがないので大きさがわかりにくいが、ここはとても狭く、人の手が入るか入らないかぐらいの穴。
このタテキンのサイズ、実は親指のツメぐらいしかないのだ。

普段は光があまり射さない少し暗いところだが、そんなところにも生き物がたくさんいる。
そんなところを覗くとこんなに可愛らしい生き物が出迎えてくれる。
そんな感じがするのだが…

|

« 岩陰のキンギョハナダイたち | トップページ | お腹の大きな?ネジリンボウ »

ダイビング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩の隙間のタテジマキンチャクダイ:

« 岩陰のキンギョハナダイたち | トップページ | お腹の大きな?ネジリンボウ »