カテゴリー「山」の315件の記事

2021年6月 5日 (土)

キャッスルウォール

2021060501

2ヶ月ぶりにキャッスルウォールを登ってきた。

左側のルートは先客がいたので、真ん中のルート。
下部は濡れていて進めなかったので、途中から右へ逃げて登った。
中間部のテラスからは凹角を直登しトップアウト。

9:15 芦屋川駅
9:45 高座の滝
9:50 高座谷ボルダー
10:15 キャッスルウォール基部
10:35 登攀開始(1回目)
11:10 終了点
14:30 (出発)
14:55 高座谷ボルダー
15:00 高座の滝

・・・

到着してすぐに中央のルートをリードでオンサイトトライ。
今回はアンカーを最下部の一か所だけにした。(2つ目の支点がリングボルトだったのもあって)

下の方は水が流れ出してるところあり、濡れているところありでとにかく苦戦。
かなり長い時間ウロウロしていたように思う。
腕が疲れ、喉が渇き、登ることもできず、降りることもできず。
しばらく試行錯誤したのち、ピナクル状の岩を抱えるようにして右へ逃げることができたので、そこからテラスに這い上がった。
おかげでロープは激しく屈曲。

テラスから上はボルトが多かったのもあり、使ったクイックドローは計7本。
6本しか持ってなかったので、最後はスリングを使った即席のアルパインクイックドローで凌いだ。
このチムニー状のところは昨年10月に出会った人に薦められたルート。
確かにそこそこ難しく面白いと思う。
ちょっと無理やりなムーブだったのは初見だったからやむなしとしよう。

その後下降路を歩いて降りて、クイックドロー回収のためトップロープでクライミング。
2回目だからか、トップロープの安心感からか、少し楽に登れた。
ロープの末端にはシューズをぶら下げて重りに。
登った後、ロープを引っ張り上げた。

終了点では以前ブラックフェイスで会った強者の常連さんと再会。
しばらく岩談義をしたあと装備を全て回収して下降。

2021060502

お昼ごはんは日清の焼きそば。
500mlと380mlのボトルで水を持って行ったけど、最初のクライミング後に380mlを飲み干してしまい、足りなかった。

食後、左のルートでマルチピッチの練習をしようとテラスまでクライミング。
※マルチピッチ:1Pをリードで登攀、懸垂下降、ギア回収と荷揚げ、2Pをリードで登攀、懸垂下降、ギア回収と荷揚げ、トップアウト

2021060503

しっかり支点をとって懸垂下降しようとしたけれど、怖かったのでやめた。

結局歩いて降りたあと、トップロープで登り返して装備を回収。

・・・・

・誰かが登っているところを観察したことがほとんどないので、ほぼ初見。
 (下部は今まで何度か触っているので、厳密には違う)
・一応トップアウトしたけれど、ルート探しやレストのため下部でスリングにぶら下がったので、完登ならず。
・チムニーを抜ける上部が意外に難しかった。ホールドが見つけられず這い上がる感じだった。
・少し準備が足りなかった。アンカーを2ヶ所とらなかったり、クイックドローが足りなかったり。
 カムや予備スリングも持つべきだった。
・もう少し低いところで懸垂下降の練習をしよう。
・IV級ならオンサイトトライはできそう。

いろいろ調べてみると、左からフェースルート(IV)、チムニールート(IV)、左斜上クラックルート(V)らしいが、どうだろう(RCCグレード)
関西の岩場という本が手に入ればはっきりしそうだが。
ちなみにデシマルグレードに変換すると5.3、5.3、5.6になるとか。
本当か?IV=5.8、V=5.10bという情報も見かけるけど。

・装備からフーディニとトレッキングポールを外した。
 この時期はレインウェアだけでいいし、ツェルトはロープでリッジラインを作って張ることにして。
・水は最低でも1.5Lは持とう。
・ステロイド外用薬があってよかった。
 ブユに刺されたと思われる傷が6カ所以上あったけど治りが早かった。

 

| | コメント (0)

2021年5月29日 (土)

勝尾寺南山

2021052901

久しぶりに箕面の山に行ってきた。

勝尾寺の参道(旧道)をしらみ地蔵経由で南山まで。
山頂でお昼ごはん(いつもの冷凍炒飯とオレンジ)を食べて同じ道で下山。

3歳児は駐車場から旧道の2つ目のベンチまで、しらみ地蔵から山頂まで
山頂からしらみ地蔵までを歩いてくれた。

途中でなんどか「だっこ」と言ったけど
 次のベンチで休憩しよう!
とか
 カレーパンマンと一緒に歩こう!
と誘ってなんとか歩いてもらった。

10:25 駐車場
10:40 登山口
11:30 2つ目のベンチ
11:45 C2
12:00 しらみ地蔵
12:20 南山山頂
14:30 (出発)
14:50 しらみ地蔵
15:15 2つ目のベンチ
15:25 1つ目のベンチ(C1)
15:30 登山口

 

| | コメント (0)

2021年5月22日 (土)

甲山

2021052201

甲山に行ってきた。

森林公園の駐車場に車を止めて、時計回りに公園を歩いて自然の家へ。
そこから登山道を山頂まで。
帰りは神呪寺へ。

お昼ごはんは焼うどん。
最近は冷凍炒飯ばかりだったので、たまには違うものを。

3歳児は管理棟から山頂までをなんとか歩ききってくれた。
最初は枯れた沢の横に這い上がるところで飽きたようだけど、お茶休憩を長めにとって再スタートしたり。
後半の階段では10回曲がったら山頂だよと励ましながら歩いたり。
山頂が見えると走り出したので、少しでも達成感を感じてくれてたらいいのだけど。

 

| | コメント (0)

2021年5月 8日 (土)

万物相・風吹岩

2021050801

芦屋ロックガーデンに行ってきた。

中央尾根を登って万物相でお昼ごはん。
そのあと風吹岩によって高座谷を下山。

2021050802

10:45 芦屋川駅
11:30 高座の滝
12:45 万物相への分岐
12:50 万物相(〜14:55)
15:05 風吹岩(〜15:40)
15:55 キャッスルウォールへの分岐
16:05 高座谷ボルダー
16:15 高座の滝

・・・・

3歳児はいつもどおり地獄谷への分岐から登り出し、垂直の岩場を登って道標があるところまで自力踏破。
できることならその先にある鎖場を越えてほしいのだけれど、なかなかたどり着けない。
垂壁で燃え尽きるのだろうか。
最初の鉄塔の先まで歩けたこともあるのに。

 

| | コメント (0)

2021年5月 3日 (月)

剣尾山

2021050301

剣尾山に行ってきた。

自宅から登山口まで40km弱。箕面トンネルを使えるなど、交通事情がいいので40分ほど。
ちなみに芦屋ロックガーデンは25km、1時間。なので府内移動の方が遠出。

08:25 無料駐車場
09:00 登山口
09:45 大日岩
10:00 行者山山頂
10:55 六地蔵
11:45 剣尾山山頂(〜13:45)
14:00 六地蔵
15:10 行者山山頂
15:55 登山口
16:15 無料駐車場

・・・・

3歳児は無料駐車場からキャンプ場の途中まで、登山口から大日岩まで、六地蔵の手前から山頂まで自力で踏破。
下りは山頂から行者山山頂の少し上まで歩いてくれた。
あとは、毛抜岩への分岐にある岩を登ったり、本堂の上にある梯子のかかった岩に登ったり。

お昼ごはんはセブンイレブンの冷凍炒飯。

帰ってきてから調べると、登山口近くに100円の駐車場があるらしい。
釣り客向けの駐車場で、今は登山者も利用できるよう。

3月から履いているアプローチシューズ、どうやら1サイズ小さいものを買っていたよう。
今回痛みが少しマシだったのはゆっくり歩いたからか、少し靴の皮が伸びたからか。
いずれにせよ痛みがひどくなったときにはボルダリング用の靴下にしてみようと思う。

 

| | コメント (0)

2021年4月30日 (金)

懸垂下降

近所の公園で懸垂下降(ラッペル)の練習。

すべり台を使って2mほどの空中懸垂。
エイト環ではなくATCガイドを下降器にして、慣れるまで何度も繰り返し。

まずはシャントでバックアップ(バックアップはハーネスのレッグループにつなぐ)をとって練習。

2021043001

次にフリクションヒッチ(クライムハイスト)でバックアップして練習。

2021043002

どちらのバックアップもしっかりしていて、手を離せば止まってくれる。
ロック解除も簡単。
ということは重たいシャントはもういらないかも?

そしてエイト環と変わらない感じでATCガイドの操作ができるようになった。

ちょっと前に岩場でATCガイドを使ったときは重りをロープの末端に付けていたから操作性が悪かったよう。
もうエイト環なしでも問題ないけど、シャントと共に予備として持っていくべきか…

 

| | コメント (0)

2021年4月10日 (土)

高座谷から鷹尾山

2021041001

3歳児とハイキングに行ってきた。

芦屋ロックガーデンの中央稜を1ピッチ(?)登って希望の行き先を聞くと「かわ」とのことで、そのまま高座谷へ。

左岸のいつもの小さな岩で遊んだ後、ボルダーエリアでお昼ごはん。

お昼ごはん後も「あるく」と言ってくれたので、そのまま荒地山への稜線にあがり、327mピークまで登ってくれた。
ピーク手前で力尽きたようで、残り少しをなんとか歩いてもらってからベビーキャリアへ。
寝そうになりながら着いた鷹尾山の山頂では、少し岩遊びをしてくれたけれど、程なくお昼寝。

・・・・

2021041002

久しぶりにこの岩に触ってみた。

チョークをつけないと指が滑って全く登れず。
暖かくなるとぬめるとはこのことかと思い知らされた。

お昼ごはんを食べた後、チョークアップすると難なく登ることができた。
降りる時は斜面を下まで丁寧にクライムダウン。

お昼ごはんはいつもの冷凍炒飯。
食後すぐにコーヒーを入れれば、3歳児が食べ終わるまでの間にのんびり飲めることに気づいた。

ここから少し上流の大岩では3歳児がボルダリング。
2度トライして2度ともほぼ一人で登り切ってくれた。

その後、稜線まで登り、鷹尾山、城山と経由して下山。

 

| | コメント (0)

2021年4月 6日 (火)

キャッスルウォール

キャッスルウォールに登ってきた。

ロープで確保して左ルートをクライミング。
フェイスをトップまで登ったのは初めて。

2021040601

終了点には立派なアンカーがあった。

09:40 芦屋川駅
10:05 高座の滝
10:15 高座谷ボルダー
10:40 キャッスルウォール基部
11:30 キャッスルウォール上部
12:30 キャッスルウォール上部(登り返し)
14:25 (出発)
15:00 ゲートロック基部
15:05 ゲートロック上部
16:10 高座の滝

・・・・

風吹岩と奥高座の滝の分岐で単独のハイカーが悩んでいたようなので声をかけてみた。

聞くと荒地山へ行くルートで困っていたよう。
キャッスルウォールの左の最も簡単な道を勧め、入り口まで一緒に行こうとしたけれど
岩梯子を例に難易度を確認すると岩場は避けたいとのこと。
なので風吹岩へ行く道を紹介した。

今思えば、キャッスルウォールの基部から奥高座の滝上部に抜けて黒岩を目指す道がよかったかも。

・・・・

岩場が見えてきたところでは先客のクライマーを確認。
今日は無理かなーと思ったけど、到着して横を登っていいか聞いてみたら、快く応じてくれた。

一番下のボルトをアンカーにして最も簡単なルートで登攀開始。
2つ目のボルトにもロックカラビナにクローブヒッチでロープを固定し、ビレイポイントを二重化。

途中のランニングビレイは2カ所しか取れなかったので、練習がてら終了点間近の岩の隙間にカムをセットしてみた。

終了点手前でロープを半分以上使っていたのもあり、ラッペルはせず岩の左側の下降路で下まで。
2度目の登り返しでギアを回収。
このとき下部アンカーを固定したまま登ったので、トップでロープの回収ができず。
また荷物が少し重かったので荷揚げもしなかった。

その後、壁の左下の難しいところに何度かチャレンジ。
結局登れず諦めて撤収。

メモ
・ザックに入れているロープをスムーズに出せないと、場合によっては行き詰まる
・ロープが重くて出過ぎるときがあり、そんなときに落ちたら落下距離が長くなる
・登り返しの時、ロープの末端に重りをつけると回収できないかもしれない
・意外に達成感が少なかった。最初にトップアウトしたとき「あ、着いた」という程度だった。
・難しい(というか慎重に登る)ところが1カ所(2メートルほど)しかなく、レッジ、テラスがたくさんあったので怖さは感じなかった。

2021040604

帰りに地獄谷入り口のゲートロックによってみた。

2021040603

ブラックフェイスと同じような感じだったので、空身でフリーソロ。
あとで調べると下降路があるようだけど、今回は慎重にクライムダウン。

この岩場へのアプローチは地獄谷入り口から直登するよりも、少し谷を遡上してから斜面をトラバース気味に近寄った方が良さそう。
直登ルートは岩くずがいっぱいあって落石を起こすかもしれないので。

・・・・

最後にツエルトをペグ4本で張ってみる練習。
四隅からペグまで遠くなると浮いてしまうので、やはりペグ8本で張る方が良さそう。

2021040602

前回に引き続き靴ずれ。
スポルティバのアプローチシューズを買ったのだけれど、なかなか足に馴染まない。
履いてるうちに馴れるだろうか。

・・・・

装備はこんな感じで合計18kg程度。
ちょっと重かった。

ロープ 3.5kg
クライミングギア 4kg
クライミングシューズ、チョーク 730g
ヘルメット 500g
ツエルト、ペグ 800g
トレッキングポール 560g
ハードシェル 640g
エマージェンシーセット 550g
ヘッドライト、三脚等 330g
クッカー、ストーブ、食料 1.2kg
マグカップ 200g
水1.5リットル
地図、電話、貴重品等
ザック 2.5kg

 

| | コメント (0)

2021年3月13日 (土)

万物相・保久良神社梅林

2021031301

万物相と保久良神社の梅林に行ってきた。

お昼ごろまでは晴れ間がのぞいていたけれど、万物相に到着してしばらくすると小雨模様に。
その後も降ったり止んだり。

2021031302

10:05 芦屋川駅
10:35 高座の滝
11:45 1つ目の鉄塔
12:05 万物相(〜14:40)
14:50 風吹岩(〜15:10)
15:50 金鳥山山頂
16:10 保久良神社梅林

・・・・

3歳児はいつもどおり岩場をどんどん登ってくれた。
今回は高さ4mほどの垂壁にも挑戦。2回ほど下から押し上げたけど、見事に登り切ってくれた。
鎖場手前で集中力が切れ、鎖場を登りきったロックガーデン案内板のところでベビーキャリアへ。

お昼ごはんはリクエストのあった砂場(万物相)でカレー(大人はカレーメシ)

到着時に雨がポツポツとしていたので、まずはツエルトで屋根を作ってみたところ、これが正解。
食べてる途中でしっかり降りだしたけれど、濡れずにすんだ。

いつもより長めに遊んだあと、風吹岩へ。

そこでは3人グループの人たちに褒められたのが嬉しかったようで、小さな岩で何度もボルダリングをしていた。

・・・・

今回、初めて金鳥山の山頂に行ってみた。
ベンチがたくさん作られた展望台になっているところから踏み跡をたどって数十mほど分け入ると、椅子のような岩がいくつかあるところがあり、そこに金鳥山と掲げられていた。

2021031303

2021031304

梅林に着いてしばらくすると本降りに。

家を出るとき、3歳児の雨具を置いていくか悩んだけど、持ってきてよかった。
30分以上待ったけれど止みそうになかったので、歩きやすいコンクリートの道で駅へ。

| | コメント (0)

2021年2月27日 (土)

万物相・風吹岩・保久良神社

2歳児と一緒に芦屋ロックガーデンへ行ってきた。

2021022701

中央稜を登って、万物相でお昼ごはんを食べて、風吹岩を経由して保久良神社の梅林へ。

2021022702 

10:15 芦屋川駅
10:45 高座の滝
12:30 万物相(〜14:20)
14:30 風吹岩(〜14:45)
15:20 保久良神社の梅林(〜16:00)
16:30 登山口
16:55 岡本駅

・・・・

2歳児は地獄谷との分岐から中央尾根の岩場が終わるあたり(木陰に入る前)まで自力踏破。
終盤で「くつひもがゆるんだ」と言い出したので集中力をなくしていたよう。

ベビーキャリアに乗ってから「いわのしたにむしがいたところでごはん」「かわのそばでごはん」と言い出したので、初めて行く場所(万物相)でご飯にしようと提案し、納得してもらった。

お昼ごはんはリクエストにより定番の冷凍炒飯、そしてリンゴ1つ。
2歳児なりにメニューのバリエーションを考えているよう。

万物相では砂遊びをいっぱいしてくれた。
梅の花も気に入ったようで、梅林側に降りてよかった。

 

| | コメント (0)

より以前の記事一覧